保健師の年収について。

保健師は国家試験に合格しなければなれませんが、看護師国家試験にも合格しなければ免許を取得することができません。資格職なので、資格が生かされる職場であれば給料は一般よりも高めになります。

しかし保健師と一言で言っても、地方自治体の機関に勤務するか民間企業に勤務するかで年収も変わってきます。地方自治体の機関には保健センターや保健所があります。自治体で働く保健師は公務員になります。年収の平均は500万円前後と言われていますが、一般企業や看護師のように残業や夜勤はほぼないので、基本給から大幅に上がる事は考えにくいです。民間企業に勤務する場合は企業の給与水準になりますので、企業規模や雇用形態によって給与差が出てきます。

病院勤務の場合は夜勤手当や当直手当がつくので、その分年収も上がります。民間企業に勤務する場合の年収の平均は500万円~600万円と言われています。産業保健師を採用する企業は大手一流企業も多いので、産業保健師の方が全体年収は高めの傾向があるようです。