産後は保健師の家庭訪問がある

出産して産婦人科から退院した後は、基本的には一週間後や一か月後など、数回産婦人科で赤ちゃん・お母さんともに検診があります。その他にも、地域の保健師が、赤ちゃんやお母さんに変わったことはないかどうか、家庭訪問をしに来ます。

家庭訪問はいきなり来るわけではなく、出生届を出した後に、出生届にかかれた情報を見て、まずは電話で連絡があります。そこで、いつなら家庭訪問できるのかの日程の確認や、なんという名前の人が来るのか、案内があります。保健師は、赤ちゃんの体重を測ったり、体重の増加状況やおっぱいの飲み方をチェックしてくれるだけでなく、様々な情報をお母さんにくれます。

例えば、地域の子育て関連の施設の案内や、近くにはどのような小児科があるのか、子育てに関係する情報をくれます。また、今度の予防接種や赤ちゃんの検診についても案内があることがあります。保健師は、見やすい所に身分証明のプレートを下げているので、あやしい人ではないかどうか訪問時にチェックできます。